スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

磨穿鉄硯(ませんてっけん)

■磨穿鉄硯(ませんてっけん)

■意味:
強い意志をもち続け、物事を達成するまで変えないこと。
また、学問にたゆまず励むたとえ。
鉄でできている硯すずりをすり減らして、穴をあけるほど勉強するという意から。

■解説:
「磨」は磨滅させる、すり減らす意。「穿」はうがつ、穴をあける意。
「鉄硯てっけんを磨穿ませんす」と訓読する。「鉄硯磨穿てっけんません」ともいう。

■出典:『新五代史』桑維翰伝
■類義語:蛍雪之功(けいせつのこう) / 蛍窓雪案(けいそうせつあん)
/ 坐破寒氈(ざはかんせん)
■英訳:


ことわざBLOG

スポンサーサイト

theme : 四字熟語
genre : 学問・文化・芸術

【四字熟語】満身創痍(まんしんそうい)

■満身創痍(まんしんそうい)

■意味:
からだじゅうが傷だらけの様子。
また、ひどく非難されて痛めつけられること。

■解説:
「満身」はからだじゅうの意。「創」「痍」はともに傷のこと。

■出典:
■類義語:満身傷痍(まんしんしょうい) / 百孔千傷(ひゃっこうこうせん)
/ 気息奄奄(きそくえんえん) / 残息奄奄(ざんそくえんえん)
/ 半死半生(はんしはんしょう) / 半生半死(はんしょうはんし) / 薬石無効(やくせきむこう)
■英訳: to be covered with cuts and bruises


初心者のためのSEO対策

theme : 四字熟語
genre : 学問・文化・芸術

【四字熟語】暴虎馮河(ぼうこひょうが)

■暴虎馮河(ぼうこひょうが)

■意味:
虎を素手で打とうとしたり、黄河を歩いて渡ろうとするような無謀な振る舞い。
向こう見ずな行為のたとえ。

■解説:
「暴虎」は、素手で虎を打つこと。「暴」は、ここでは、打つ。
「馮河」は、舟に乗らずに歩いて黄河を渡ること。「馮」は、歩いて川を渡る。
「暴虎馮河の勇」という形で用いられることが多い。

■出典:
■類義語:直情径行(ちょくじょうけいこう) / 猪突猛進(ちょとつもうしん)
/ 血気之勇(けっきのゆう) / 匹夫之勇(ひっぷのゆう)
■対義語:謹小慎微(きんしょうしんび)
■英訳:


四字熟語・格言BLOG

theme : 四字熟語
genre : 学問・文化・芸術

茫然自失(ぼうぜんじしつ)

■茫然自失(ぼうぜんじしつ)

■意味:
気が抜けてぼんやりし、どうしてよいかわからなくなること。

■解説:
「茫然」は、あっけにとられてぼんやりするさま

■出典:
■類義語:意識朦朧(いしきもうろう)
■英訳: petrifaction / To be petrified


ことわざ大好き!?

theme : 四字熟語
genre : 学問・文化・芸術

【四字熟語】砲煙弾雨(ほうえんだんう)

■砲煙弾雨(ほうえんだんう)

■意味:
砲弾を撃ち合う激しい戦い。また、そのさま。

■解説:
「砲煙」は大砲を撃つときに出る煙。
「弾雨」は弾丸が雨のように盛んに飛んで来るさま。
「煙」は「烟」とも書く。

■出典:
■類義語:硝煙弾雨(しょうえんだんう) / 弾丸雨注(だんがんうちゅう)
■英訳:


タレント名鑑BLOG

theme : 四字熟語
genre : 学問・文化・芸術

暴飲暴食(ぼういんぼうしょく)

■暴飲暴食(ぼういんぼうしょく)

■意味:
度を超して大量に飲んだり食べたりすること。

■解説:

■出典:
■類義語:牛飲馬食(ぎゅういんばしょく) / 鯨飲馬食(げいいんばしょく)
■英訳: debauch / excess / gluttony / intemperateness


セカンドライフ

theme : 四字熟語
genre : 学問・文化・芸術

【四字熟語】平滑流暢(へいかつりゅうちょう)

■平滑流暢(へいかつりゅうちょう)

■意味:
なめらかで、よどみがないさま。

■解説:
「平滑」は平らでなめらかなさま。
「流暢」は水などが滞ることなく流れるように、言葉がすらすら出て、よどみのないさま。

■出典:
■類義語:
■英訳:


四字熟語日記

theme : 四字熟語
genre : 学問・文化・芸術

【四字熟語】変幻自在(へんげんじざい)

■変幻自在(へんげんじざい)

■意味:
現れたり消えたり変化したりが、自由自在であるさま。
思いのままに変化するさま。
また、変わり身が早いさまにも用いる。

■解説:
「変幻」は幻のように素早く現れたり消えたりすること。

■出典:
■類義語:千変万化(せんぺんばんか) / 変幻出没(へんげんしゅつぼつ)
/ 臨機応変(りんきおうへん)
■英訳: protean


四字熟語・格言BLOG

theme : 四字熟語
genre : 学問・文化・芸術

四字熟語一覧【あ】

=四字熟語・格言 【あ】早見一覧=

哀哀父母(あいあいふぼ)
四字熟語 - 意味
子を生み育てて苦労を重ねてくれた父母。
苦労を重ねて死んだ父母の死と、その恩に報いることができなかったことを悲しみ嘆き、
親を慕う情を表した語。
  ⇒詳しい内容はこちら

合縁奇縁(あいえんきえん)
四字熟語 - 意味
人と人の気持ちの繋がりの不思議さは、
仏教でいう因縁によるものという意味。
  ⇒詳しい内容はこちら

哀毀骨立(あいきこつりつ)
四字熟語 - 意味
悲しみのあまりやせ細り、骨ばかりになること。
父母の死などで非常に悲しむことの形容。
  ⇒詳しい内容はこちら

愛及屋烏(あいきゅうおくう)
四字熟語 - 意味
愛憎の情はその人だけでなく、その人に関係するものにまで及ぶ。
  ⇒詳しい内容はこちら

哀矜懲創(あいきょうちょうそう)
四字熟語 - 意味
懲罰を与えるには、相手を思いやる情が必要であること。
罰はその罪を悔い改め、人生に新たな道を開くためのもので、
悲しみ哀れみの心をもって行うべきことをいう。
  ⇒詳しい内容はこちら

相碁井目(あいごせいもく)
四字熟語 - 意味
何事につけても人の実力は上下さまざまであること。
  ⇒詳しい内容はこちら

哀訴嘆願(あいそたんがん)
四字熟語 - 意味
なりふりかまわず、心の底から願い出ること。
  ⇒詳しい内容はこちら

愛多憎生(あいたぞうせい)
四字熟語 - 意味
度を過ぎて愛情を受けることは第三者の憎しみをかい、身の破滅のもと。
人の愛情に甘え過ぎてはいけないということ。
  ⇒詳しい内容はこちら

哀悼痛惜(あいとうつうせき)
四字熟語 - 意味
人の死を悲しみ惜しむ気持の伝統的表現。
  ⇒詳しい内容はこちら

愛別離苦(あいべつりく)
四字熟語 - 意味
親愛な者と別れるつらさ。
親子・夫婦など、愛する人と生別または死別する苦痛や悲しみ。
  ⇒詳しい内容はこちら

曖昧模糊(あいまいもこ)
四字熟語 - 意味
物事の本質や実体が、ぼんやりして何かはっきりしない様子。
  ⇒詳しい内容はこちら

阿吽二字(あうんにじ)
四字熟語 - 意味
「阿」は最初の字音、「吽」は最後の字音。
  ⇒詳しい内容はこちら

青息吐息(あおいきといき)
四字熟語 - 意味
非常に困ったときや、きわめて苦しいときに発する元気のないため息。
また、そのようなときの状態をいう。
大きな心労・苦労があるとき、心身ともに疲れ果て、
苦しそうな息づかいをすることから。
  ⇒詳しい内容はこちら

悪衣悪食(あくいあくしょく)
四字熟語 - 意味
粗末な衣服と粗末な食べ物。
豊かでない生活のたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

悪因悪果(あくいんあっか)
四字熟語 - 意味
悪い行為には、必ず悪い結果や報いがあること。
  ⇒詳しい内容はこちら

悪逆無道(あくぎゃくむどう)
四字熟語 - 意味
人道理にはずれたひどい悪事を行うこと。
道徳にそむく残酷な行為。
  ⇒詳しい内容はこちら

悪事千里(あくじせんり)
四字熟語 - 意味
悪い行為や評判は、またたくまに世間に知れ渡ること。
  ⇒詳しい内容はこちら

悪酔強酒(あくすいきょうしゅ)
四字熟語 - 意味
望んでいることと、実行することが相反すること。
酒に酔うことはよくないと思いながらも、
無理に酒を飲むことから。
  ⇒詳しい内容はこちら

悪戦苦闘(あくせんくとう)
四字熟語 - 意味
非常な困難の中で、苦しみながら一心に努力をすること。
強敵に死にものぐるいで苦しい戦いをすることからいう。
  ⇒詳しい内容はこちら

握髪吐哺(あくはつとほ)
四字熟語 - 意味
人材を得ようとして努めること。
また、すぐ人に会うこと。
どんな時にも客人を待たせない努力。
  ⇒詳しい内容はこちら

悪婦破家(あくふはか)
四字熟語 - 意味
悪妻は夫の一生をだいなしにし、
家庭を壊すということ。
  ⇒詳しい内容はこちら

悪木盗泉(あくぼくとうせん)
四字熟語 - 意味
たとえ困窮しても、わずかな悪事にも身を近づけないたとえ。
悪事に染まるのを戒める語。また、悪事に染まること。
  ⇒詳しい内容はこちら

阿修羅道(あしゅらどう)
四字熟語 - 意味
強い闘争心と猜疑、嫉妬、執着の心をいう。
地獄、餓鬼、畜生、人間、天上と並んで
六道のひとつとされる修羅道の世界。
  ⇒詳しい内容はこちら

唖然失笑(あぜんしっしょう)
四字熟語 - 意味
あっけにとられて、思わず笑ってしまうこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

鴉巣生鳳(あそうせいほう)
四字熟語 - 意味
愚かな親にすぐれた子が生れるたとえ。
また、貧しい家にすぐれた人物が生れるたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

悪漢無頼(あっかんぶらい)
四字熟語 - 意味
悪いことや乱暴なことなどをする男性。
  ⇒詳しい内容はこちら

悪口雑言(あっこうぞうごん)
四字熟語 - 意味
口ぎたなく、あれこれ思う存分に悪口をいうこと。
また、その言葉。さんざんにののしること。
  ⇒詳しい内容はこちら

阿鼻叫喚(あびきょうかん)
四字熟語 - 意味
非常な辛苦の中で号泣し、救いを求めるさま。
非常に悲惨でむごたらしいさま。
地獄に落ちた亡者が、責め苦に堪えられずに大声で泣きわめくような状況の意から。
  ⇒詳しい内容はこちら

蛙鳴蝉噪(あめいせんそう)
四字熟語 - 意味
無駄な表現が多く、内容の乏しい下手な議論や文章。
無用の口論や下手な文章をいう。
  ⇒詳しい内容はこちら

阿諛迎合(あゆげいごう)
四字熟語 - 意味
相手に気に入られるために自らの信念を持たずに媚びへつらい、
その人の言い成りになること。
  ⇒詳しい内容はこちら

阿諛追従(あゆついしょう)
四字熟語 - 意味
気に入られようとして、おもねりへつらうこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

暗雲低迷(あんうんていめい)
四字熟語 - 意味
悪い状態が長く続き、向上のきざしが見えてこない前途不安な状況のこと。
また、暗い雲が低くたれこめて晴れそうにないさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

安居楽業(あんきょらくぎょう)
四字熟語 - 意味
地位など、今いる環境や状況に心安らかに満足し、自分の仕事を楽しんですること。
自分の分ぶんをわきまえて不満をもたず、心安らかに自分のなすべき仕事をすることをいう。
また、転じて善政の行われていることのたとえ。
世が治まり生活が安定して、みなそれぞれの仕事に励む意から。
  ⇒詳しい内容はこちら

暗黒時代(あんこくじだい)
四字熟語 - 意味
文化や道徳の堕落した時代。
また、戦乱の時代などをいう。
  ⇒詳しい内容はこちら

晏子之御(あんしのぎょ)
四字熟語 - 意味
低い地位に満足して得意がる小人物。
また、主人の権威を笠にきて威張ることのたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

安車蒲輪(あんしゃほりん)
四字熟語 - 意味
老人をいたわって、手厚くもてなすこと。
また、賢人を優遇することにもいう。
  ⇒詳しい内容はこちら

安常処順(あんじょうしょじゅん)
四字熟語 - 意味
平穏な日々に慣れ、順境に身をおく状況。
無風状態の平和でのどかな暮らしをいう。
  ⇒詳しい内容はこちら

安心立命(あんしんりつめい)
四字熟語 - 意味
心を安らかにして身を天命にまかせ、どんなときにも動揺しないこと。
人力のすべてを尽くして身を天命にまかせ、
いかなるときも他のものに心を動かさないこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

按図索駿(あんずさくしゅん)
四字熟語 - 意味
生きた実物の馬を知らないで、絵や書物による知識に頼り、
駿馬を探し求めるように実際の役に立たない知識や行動のこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

黯然銷魂(あんぜんしょうこん)
四字熟語 - 意味
悲しみや愁いに打ち沈むさま。
悲嘆にくれ悄然として魂が抜けたような状態をいう。
  ⇒詳しい内容はこちら

暗送秋波(あんそうしゅうは)
四字熟語 - 意味
目でこっそりと情を伝えること。
こっそりと色目を使うこと。
また、表ではうまく立ち回り陰で悪だくみをすること。
  ⇒詳しい内容はこちら

安宅正路(あんたくせいろ)
四字熟語 - 意味
慈しみの徳の「仁」と、信頼の徳の「義」のたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

暗中飛躍(あんちゅうひやく)
四字熟語 - 意味
ひそかに画策して、活躍すること。
世間に知られないように、こっそりと策動すること。
  ⇒詳しい内容はこちら

暗中模索(あんちゅうもさく)
四字熟語 - 意味
手がかりのないまま、あれこれとやってみること。
暗闇くらやみの中で、手探りをして求める意から。
  ⇒詳しい内容はこちら

暗闘反目(あんとうはんもく)
四字熟語 - 意味
互いに敵意を表面に現さないで争うこと。
ひそかににらみあうこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

暗渡陳倉(あんとちんそう)
四字熟語 - 意味
策略をもって相手を迷わせること。
  ⇒詳しい内容はこちら

安如泰山(あんにょたいざん)
四字熟語 - 意味
泰山のように微動だにしない安定したさまをいう。
  ⇒詳しい内容はこちら

安寧秩序(あんねいちつじょ)
四字熟語 - 意味
国や社会が落ち着いていて、乱れていないこと。
平和で不安がなく、秩序立っていること。
  ⇒詳しい内容はこちら

安穏無事(あんのんぶじ)
四字熟語 - 意味
変事もなく、穏やかで安らかなさま。
社会や暮らしなどの穏やかな様子をいう。
  ⇒詳しい内容はこちら

安分守己(あんぶんしゅき)
四字熟語 - 意味
自分の身の程をわきまえて生き、高望みしないこと。
  ⇒詳しい内容はこちら





theme : 四字熟語
genre : 学問・文化・芸術

【四字熟語】平身低頭(へいしんていとう)

■平身低頭(へいしんていとう)

■意味:
ひたすら恐縮すること。また、ひたすらあやまる形容。
からだをかがめ頭を低く下げて、恐れ入る意から。

■解説:
「平身」はからだをかがめること。
「低頭」は頭を低く下げること。

■出典:
■類義語:三拝九拝(さんぱいきゅうはい) / 奴顔婢膝(どがんひしつ)
■対義語:傲岸不遜(ごうがんふそん)
■英訳: genuflection / genuflexion


セカンドライフ

theme : 四字熟語
genre : 学問・文化・芸術

プロフィール

ジュンジュン

Author:ジュンジュン
FC2ブログへようこそ!

ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank

フィードメーター - 四字熟語・格言を覚えよう

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2009年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


最新記事
ブログ検索
ブログランキング参加中★
おすすめ書籍・辞典
カテゴリ
QRコード
QRコード
スポンサーリンク
RSSリンクの表示
スポンサードリンク
四字熟語 早見一覧
四字熟語早見一覧【あ】
四字熟語早見一覧【い】
四字熟語早見一覧【う】
四字熟語早見一覧【え】
四字熟語早見一覧【お】
四字熟語早見一覧【か】
四字熟語早見一覧【き】
四字熟語早見一覧【く】
四字熟語早見一覧【け】
四字熟語早見一覧【こ】
四字熟語早見一覧【さ】
四字熟語早見一覧【し】
四字熟語早見一覧【す】
四字熟語早見一覧【せ】
四字熟語早見一覧【そ】
四字熟語早見一覧【た】
四字熟語早見一覧【ち】
四字熟語早見一覧【つ】
四字熟語早見一覧【て】
四字熟語早見一覧【と】
四字熟語早見一覧【な】
四字熟語早見一覧【に】
四字熟語早見一覧【ぬ】
四字熟語早見一覧【ね】
四字熟語早見一覧【の】
四字熟語早見一覧【は】
四字熟語早見一覧【ひ】
四字熟語早見一覧【ふ】
四字熟語早見一覧【へ】
四字熟語早見一覧【ほ】
四字熟語早見一覧【ま】
四字熟語早見一覧【み】
四字熟語早見一覧【む】
四字熟語早見一覧【め】
四字熟語早見一覧【も】
四字熟語早見一覧【や】
四字熟語早見一覧【ゆ】
四字熟語早見一覧【よ】
四字熟語早見一覧【ら】
四字熟語早見一覧【り】
四字熟語早見一覧【る】
四字熟語早見一覧【れ】
四字熟語早見一覧【ろ】
四字熟語早見一覧【わ】
リンク
アクセスランキング
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FX比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。