スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四字熟語一覧【に】

=四字熟語・格言 【に】早見一覧=

二河白道(にがびゃくどう)
四字熟語 - 意味
浄土教で、阿弥陀仏の救いを説く比喩。
  ⇒詳しい内容はこちら

肉山脯林(にくざんほりん)
四字熟語 - 意味
宴席などのぜいたくきわまるようすのたとえ。
酒池肉林。
  ⇒詳しい内容はこちら

肉食妻帯(にくじきさいたい)
四字熟語 - 意味
僧侶が肉を食べ、妻をめとること。
  ⇒詳しい内容はこちら

肉袒牽羊(にくたんけんよう)
四字熟語 - 意味
降伏して相手に服従し、臣僕となることを請願すること。
肌を脱ぎ、上半身裸になって羊をひく意から。
  ⇒詳しい内容はこちら

二者択一(にしゃたくいつ)
四字熟語 - 意味
二つの事柄の、どちらか一方を選ぶこと。
二つの選択肢のうちの一方を選ぶこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

二重人格(にじゅうじんかく)
四字熟語 - 意味
一人の人間が全く異なった二つの人格を持っていること。
両人格は、交互に活動するが、互いに連絡はない。
転じて、場面や状況によって人間性の変わること。
また、善悪二面を併せ持つ人柄。
  ⇒詳しい内容はこちら

二束三文(にそくさんもん)
四字熟語 - 意味
売値が非常に安いこと。
いくら売っても、もうけが出ないほどの安値で売ること。
投げ売り。
  ⇒詳しい内容はこちら

日月星辰(にちげつせいしん)
四字熟語 - 意味
太陽と月と星。
  ⇒詳しい内容はこちら

日常坐臥(にちじょうざが)
四字熟語 - 意味
寝ているときも座っているときも。
ふだん、いつでも。
  ⇒詳しい内容はこちら

日常茶飯(にちじょうさはん)
四字熟語 - 意味
毎日毎日の食事。転じて、あたりまえのこと。ごくありふれた事柄。
日常茶飯事。
  ⇒詳しい内容はこちら

日暮道遠(にちぼどうえん)
四字熟語 - 意味
日暮れて、道遠し。多忙のたとえ。
年老いたのにしなければならないことが残っていること。
  ⇒詳しい内容はこちら

日陵月替(にちりょうげったい)
四字熟語 - 意味
日に日に衰退していくこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

日居月諸(にっきょげっしょ)
四字熟語 - 意味
君臣、君主とその夫人、父と母などのたとえ。
また、月日が流れ去ること。
  ⇒詳しい内容はこちら

日進月歩(にっしんげっぽ)
四字熟語 - 意味
日に日に、絶えず進歩すること。進歩の度合いが急速であること。
  ⇒詳しい内容はこちら

二人三脚(ににんさんきゃく)
四字熟語 - 意味
二人が歩調を合わせ、協力して物事を成し遂げようとすることのたとえ。
また、二人が並び、互いの内側の足首をひもで縛って固定し、
二人合わせて三本の足で走る競技の名。
  ⇒詳しい内容はこちら

二枚看板(にまいかんばん)
四字熟語 - 意味
人の注目を集める自慢の人材が二人いること。
また、その二人。
  ⇒詳しい内容はこちら

柔和温順(にゅうわおんじゅん)
四字熟語 - 意味
優しくおとなしくて素直なこと。優しく穏やかなこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

如実知見(にょじつちけん)
四字熟語 - 意味
仏語。現実をありのままに見抜くこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

如是我聞(にょぜがもん)
四字熟語 - 意味
仏典の冒頭に置かれる語。
「このように私は聞きました」という意味。
仏の説であることを示すために、釈迦が弟子の阿難に
経典の冒頭に冠させたといわれる。
  ⇒詳しい内容はこちら

女人禁制(にょにんきんぜい)
四字熟語 - 意味
宗教修行の地域・霊場などへの
女性の立ち入りを禁止する風習。
  ⇒詳しい内容はこちら

二律背反(にりつはいはん)
四字熟語 - 意味
二つの相反する命題や推論が、同じだけの合理性・妥当性をもっていること。
また、自己矛盾に陥ること。
  ⇒詳しい内容はこちら

忍之一字(にんのいちじ)
四字熟語 - 意味
物事を成し遂げるには、
忍耐がいちばん大切だということ。
  ⇒詳しい内容はこちら
スポンサーサイト

theme : 四字熟語
genre : 学問・文化・芸術

明珠暗投(めいしゅあんとう)

■明珠暗投(めいしゅあんとう)

■意味:
どんなに貴重な物でも、贈り方がよくないと誤解されてしまうたとえ。
転じて、立派な才能をもっているのに世に認められないこと。
また、貴重な物をその価値の分かっていない人が所有していること。
宝玉を暗闇で人に投げ与える意から。

■解説:
「明珠」は輝き光る宝玉のこと。

■出典:『史記』鄒陽伝
■類義語:
■対義語:
■英訳:




theme : 四字熟語
genre : 学問・文化・芸術

無駄方便(むだほうべん)

■無駄方便(むだほうべん)

■意味:
とても役に立たないだろうと思えるものでも、
時によっては何らかの役に立つこともあるということ。

■解説:
「無駄」は価値がない、役に立たない意。
「方便」は目的を達成するための状況に応じた手段の意。

■出典:
■類義語:無用之用(むようのよう)
■対義語:
■英訳:


ことわざ大好き!?

theme : 四字熟語
genre : 学問・文化・芸術

論功行賞(ろんこうこうしょう)

■論功行賞(ろんこうこうしょう)

■意味:
功績をあげたものに、それにふさわしく相応した賞を与えること。

■解説:
「論功」は、功績の程度を調べること。「行賞」は、賞を与えること。

■出典:『三国志
■類義語:信賞必罰 (しんしょうひつばつ)
■対義語:
■英訳:the granting of rewards




theme : 四字熟語
genre : 学問・文化・芸術

無芸大食(むげいたいしょく)

■無芸大食(むげいたいしょく)

■意味:
特技や取り柄がないにもかかわらず、食べることだけは人並みであること。
また、そのような人をさげすんでいう語。
自分のことを謙遜していう場合にも用いられる。

■解説:
「無芸」は芸や特技を何も身につけていないこと。
「大食」はたくさん食べる人。大食い。

■出典:
■類義語:尸位素餐(しいそさん) / 徒食無為(としょくむい)
/ 伴食宰相(ばんしょくさいしょう) / 伴食大臣(ばんしょくだいじん)
/ 無為徒食(むいとしょく)/ 酒嚢飯袋(しゅのうはんたい)
■対義語:多芸多才(たげいたさい)
■英訳:


四字熟語・格言を覚えよう

theme : 四字熟語
genre : 学問・文化・芸術

落穽下石(らくせいかせき)

■落穽下石(らくせいかせき)

■意味:
人の弱味につけ入って、さらに害を与えること。
落とし穴に落ちた人に、さらに上から石を落とす意から。

■解説:
「穽」は落とし穴。
「穽せいに落おちて石いしを下くだす」と訓読する。
「穽」は「井」とも書く。

■出典:韓愈「柳子厚墓誌銘」
■類義語:
■英訳:


四字熟語日記

theme : 四字熟語
genre : 学問・文化・芸術

四字熟語一覧【な】

=四字熟語・格言 【な】早見一覧=

内柔外剛(ないじゅうがいごう)
四字熟語 - 意味
内心は弱々しいのに外見は強そうに見えること。
本当は気が弱いのに外に現れた態度だけ強そうに見せること。
  ⇒詳しい内容はこちら

内清外濁(ないせいがいだく)
四字熟語 - 意味
心は高潔だが外面は俗物のように振る舞うこと。
内には清い心を持ちながら、日常の言動は汚れた世間とも妥協しながら行くこと。
乱世を生き抜く処世術。
  ⇒詳しい内容はこちら

内政干渉(ないせいかんしょう)
四字熟語 - 意味
他国の政治、外交に口だしをすること。
  ⇒詳しい内容はこちら

内疎外親(ないそがいしん)
四字熟語 - 意味
内心では嫌っていながら、表面上は親しげにすること。
  ⇒詳しい内容はこちら

名題披露(なだいひろう)
四字熟語 - 意味
歌舞伎俳優が名題役者に昇進した時に行う披露。
  ⇒詳しい内容はこちら

南無三宝(なむさんぼう)
四字熟語 - 意味
仏に帰依きえを誓って、救いを求めること。
また、突然起こったことに驚いたり、しくじったりしたときに発する言葉。
「南無三なむさん」ともいう。
  ⇒詳しい内容はこちら

難易軽重(なんいけいちょう)
四字熟語 - 意味
難しいか易しいか、軽んずべきか重んずべきか。
物事の程度・価値を問うことば。
  ⇒詳しい内容はこちら

南郭濫吹(なんかくらんすい)
四字熟語 - 意味
実力のない者が、実力があるかのように見せかけて、
みだりに高い地位にいることのたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

南柯之夢(なんかのゆめ)
四字熟語 - 意味
人生がはかなく、むなしいことのたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

難行苦行(なんぎょうくぎょう)
四字熟語 - 意味
さまざまな苦労・苦難にたえる修行のこと。
転じて、ひどく苦労をすること。
  ⇒詳しい内容はこちら

難兄難弟(なんけいなんてい)
四字熟語 - 意味
どちらがすぐれているか区別がつかない。
優劣の判断がつきにくいさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

難攻不落(なんこうふらく)
四字熟語 - 意味
攻めることが困難で、なかなか陥落しないこと。
転じて、こちらがいくら働きかけても、
相手がなかなか自分の要望を受け入れてくれないこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

南洽北暢(なんこうほくちょう)
四字熟語 - 意味
王や皇帝の恩恵と威徳が、隅々まで行き渡ること。
  ⇒詳しい内容はこちら

南山不落(なんざんふらく)
四字熟語 - 意味
永遠に崩れ落ちないこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

南船北馬(なんせんほくば)
四字熟語 - 意味
全国を忙しく旅行すること。
また、絶えず旅をしてせわしないこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

難透難徹(なんとうなんてつ)
四字熟語 - 意味
やり遂げることが困難であること。
  ⇒詳しい内容はこちら

南都北嶺(なんとほくれい)
四字熟語 - 意味
奈良と比叡山のこと。
また、奈良の興福寺と比叡山の延暦寺のこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

南蛮北狄(なんばんほくてき)
四字熟語 - 意味
昔の中国人が、異民族をさげすんで称した語。
  ⇒詳しい内容はこちら


老子・荘子の言葉100選―心がほっとするヒント (知的生きかた文庫)


老子 (図解雑学)



theme : 四字熟語
genre : 学問・文化・芸術

妙計奇策(みょうけいきさく)

■妙計奇策(みょうけいきさく)

■意味:
人の意表をつくような、奇抜ですぐれたはかりごとのこと。

■解説:
「妙」はすぐれた、非凡なの意。
「奇」は人の考えつかない、珍しくすぐれたの意。
「計」「策」はともに計略・策略のこと。

■出典:
■類義語:妙計秘策(みょうけいひさく) / 秘計奇謀(ひけいきぼう)
/ 妙計妙策(みょうけいみょうさく)
■英訳:


ことわざ大好き!?

theme : 四字熟語
genre : 学問・文化・芸術

万能一心(まんのういっしん)

■万能一心(まんのういっしん)

■意味:
たくさんの才能に恵まれていても、向上・努力する心がけがなければ、
物事は成就しない。

■解説:
「万能足りて一心足らず」。あらゆる技芸に熟達しているが、心にまことが欠けているという意味。

■出典:
■類義語:
■英訳:


四字熟語・格言・ことわざブログ

theme : 四字熟語
genre : 学問・文化・芸術

四字熟語一覧【と】

=四字熟語・格言 【と】早見一覧=

当意即妙(とういそくみょう)
四字熟語 - 意味
その場その場に応じて機転をきかすこと。
また、その場の雰囲気に合わせて、
すぐさま気のきいた言動をすること。
  ⇒詳しい内容はこちら

桃園結義(とうえんけつぎ)
四字熟語 - 意味
力を合わせて事にあたることを意味する言葉。
  ⇒詳しい内容はこちら

凍解氷釈(とうかいひょうしゃく)
四字熟語 - 意味
疑問や問題が、氷が解けてなくなるように解決すること。
  ⇒詳しい内容はこちら

同軌同文(どうきどうぶん)
四字熟語 - 意味
王者が天下を統一すること。また、天下が統一されていること。
  ⇒詳しい内容はこちら

当機立断(とうきりつだん)
四字熟語 - 意味
機会をとらえて、素早く決断すること。
  ⇒詳しい内容はこちら

陶犬瓦鶏(とうけんがけい)
四字熟語 - 意味
やきものの犬と素焼きの鶏。
転じて、ただ形や外見のみがすぐれ、役に立たないもののたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

桃源洞裡(とうげんどうり)
四字熟語 - 意味
桃源郷のある洞窟の内側。
俗世や時代の流れから隔絶して、小さく理想的な共同体の中で
のんびりと生きている世界のたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

同工異曲(どうこういきょく)
四字熟語 - 意味
音楽や詩文などで、その技量が同じでも
味わいや趣がまちまちであること。
転じて、見た目は異なるが、
内容は似たり寄ったりであること。
  ⇒詳しい内容はこちら

倒行逆施(とうこうぎゃくし)
四字熟語 - 意味
物事を行うに当たって、正しい道理に逆らった手段・方法を採ること。
転じて、時代の風潮に逆らうよくない行いにも用いる。
  ⇒詳しい内容はこちら

桃紅柳緑(とうこうりゅうりょく)
四字熟語 - 意味
紅の桃の花と、緑あざやかな柳の葉。
美しくさまざまな色彩に満ちた春の景色のこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

同床異夢(どうしょういむ)
四字熟語 - 意味
仲間でも目的や考え方が異なること。
同じ床に寝ていながら、違う夢をみるように、いっしょに仕事をして意見が一致しないこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

道心堅固(どうしんけんご)
四字熟語 - 意味
道義心を堅く守ること。
  ⇒詳しい内容はこちら

同声異俗(どうせいいぞく)
四字熟語 - 意味
人の生まれながらの性質・素質は同じだが、
環境や教育といった後天的な要素によって、
人物に差が生じること。
  ⇒詳しい内容はこちら

当代無双(とうだいむそう)
四字熟語 - 意味
今の時代、またはその時代において、並ぶものがないほど優れていること。
  ⇒詳しい内容はこちら

堂塔伽藍(どうとうがらん)
四字熟語 - 意味
堂や塔、伽藍など、寺院の建物の総称。
  ⇒詳しい内容はこちら

東奔西走(とうほんせいそう)
四字熟語 - 意味
仕事や用事のため、東へ西へとあちこち忙しく走り回ること。
  ⇒詳しい内容はこちら

稲麻竹葦(とうまちくい)
四字熟語 - 意味
多くの人や物が入り乱れるように群がっているさま。
また、何重にも取り囲まれているさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

党利党略(とうりとうりゃく)
四字熟語 - 意味
自分が属する政党・党派の利益と、
そのためにめぐらす策略のこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

蟷螂之斧(とうろうのおの)
四字熟語 - 意味
弱い者が、自分の力をわきまえず、強い者に挑むこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

得意満面(とくいまんめん)
四字熟語 - 意味
事が思いどおりに運び、誇らしさが顔全体に表れるさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

読書三到(どくしょさんとう)
四字熟語 - 意味
読書の三つの心構え。心到、眼到、口到。
集中し、眼をそらさず、声に出して読む。
  ⇒詳しい内容はこちら

読書尚友(どくしょしょうゆう)
四字熟語 - 意味
書物を通じて昔の賢人に親しむこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

独断専行(どくだんせんこう)
四字熟語 - 意味
他人に相談しないで勝手に決め、物事を行うこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

独立自存(どくりつじそん)
四字熟語 - 意味
他の何物にも影響を受けることなく、
自らの力で存在していること。
  ⇒詳しい内容はこちら

徒手空拳(としゅくうけん)
四字熟語 - 意味
手に何も持っていないこと。
また、何かを始めようとするときに、
身一つで他に頼むものがないこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

斗折蛇行(とせつだこう)
四字熟語 - 意味
斗(北斗七星)のように折れ曲がり、蛇のようにくねくねと曲がりながら進むこと。
転じて、道や川などにカーブが多く、くねくねと続いていくさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

兎走烏飛(とそううひ)
四字熟語 - 意味
歳月のあわただしく過ぎ去るたとえ。
月日の速く過ぎるたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

theme : 四字熟語
genre : 学問・文化・芸術

プロフィール

ジュンジュン

Author:ジュンジュン
FC2ブログへようこそ!

ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank

フィードメーター - 四字熟語・格言を覚えよう

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2010年04月 | 05月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新記事
ブログ検索
ブログランキング参加中★
おすすめ書籍・辞典
カテゴリ
QRコード
QRコード
スポンサーリンク
RSSリンクの表示
スポンサードリンク
四字熟語 早見一覧
四字熟語早見一覧【あ】
四字熟語早見一覧【い】
四字熟語早見一覧【う】
四字熟語早見一覧【え】
四字熟語早見一覧【お】
四字熟語早見一覧【か】
四字熟語早見一覧【き】
四字熟語早見一覧【く】
四字熟語早見一覧【け】
四字熟語早見一覧【こ】
四字熟語早見一覧【さ】
四字熟語早見一覧【し】
四字熟語早見一覧【す】
四字熟語早見一覧【せ】
四字熟語早見一覧【そ】
四字熟語早見一覧【た】
四字熟語早見一覧【ち】
四字熟語早見一覧【つ】
四字熟語早見一覧【て】
四字熟語早見一覧【と】
四字熟語早見一覧【な】
四字熟語早見一覧【に】
四字熟語早見一覧【ぬ】
四字熟語早見一覧【ね】
四字熟語早見一覧【の】
四字熟語早見一覧【は】
四字熟語早見一覧【ひ】
四字熟語早見一覧【ふ】
四字熟語早見一覧【へ】
四字熟語早見一覧【ほ】
四字熟語早見一覧【ま】
四字熟語早見一覧【み】
四字熟語早見一覧【む】
四字熟語早見一覧【め】
四字熟語早見一覧【も】
四字熟語早見一覧【や】
四字熟語早見一覧【ゆ】
四字熟語早見一覧【よ】
四字熟語早見一覧【ら】
四字熟語早見一覧【り】
四字熟語早見一覧【る】
四字熟語早見一覧【れ】
四字熟語早見一覧【ろ】
四字熟語早見一覧【わ】
リンク
アクセスランキング
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FX比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。