スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四字熟語一覧【き】

=四字熟語・格言 【き】早見一覧=

気韻生動(きいんせいどう)
四字熟語 - 意味
芸術作品に気高い風格や気品が生き生きと表現されていること。
また、絵画や他の芸術作品などに、生き生きとした生命感や迫力があり、
情趣にあふれていること。
  ⇒詳しい内容はこちら

気宇壮大(きうそうだい)
四字熟語 - 意味
心意気、度量や発想などが人並みはずれて大きいさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

帰依三宝(きえさんぽう)
四字熟語 - 意味
仏門に入って教えに従うこと。仏教徒としての基本的条件。
  ⇒詳しい内容はこちら

気炎万丈(きえんばんじょう)
四字熟語 - 意味
意気込みが他を圧倒するほど盛んであること。
多くは意気盛んな談論についていう。
  ⇒詳しい内容はこちら

奇貨可居(きかかきょ)
四字熟語 - 意味
好機はうまくとらえて、利用しなければならないというたとえ。
珍しい値打ちのある物は貯えておいて、将来値が上がってから売ること。
  ⇒詳しい内容はこちら

危機一髪(ききいっぱつ)
四字熟語 - 意味
非常にあぶない瀬戸際。
ほんのわずかな違いで今にも危険なことがおこりそうなこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

奇奇怪怪(ききかいかい)
四字熟語 - 意味
常識では理解できない不思議なさま。
非常に怪しく不思議なさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

危急存亡(ききゅうそんぼう)
四字熟語 - 意味
危機が迫っていること。
生き残るか亡びるかの瀬戸際のような状態。
  ⇒詳しい内容はこちら

起居挙動(ききょきょどう)
四字熟語 - 意味
ふだんの動作。また、日常の生活。
  ⇒詳しい内容はこちら

規矩準縄(きくじゅんじょう)
四字熟語 - 意味
物事や行為の標準・基準になるもののこと。
手本。きまり。
  ⇒詳しい内容はこちら

危言危行(きげんきこう)
四字熟語 - 意味
言語や行いを厳しくすること。
また、言行を清く正しく保つこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

貴顕紳士(きけんしんし)
四字熟語 - 意味
身分高く、教養や品位がある男子のこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

気骨稜稜(きこつりょうりょう)
四字熟語 - 意味
自分の信念を守って、貫き通そうとする気概にあふれている様子。
  ⇒詳しい内容はこちら

旗鼓堂堂(きこどうどう)
四字熟語 - 意味
軍隊が整然として勢いや威厳のあるさま。
転じて、一般に隊列をなして行進するさまなどの形容にも用いる。
また、文筆の勢いの盛んな形容。
  ⇒詳しい内容はこちら

奇策妙計(きさくみょうけい)
四字熟語 - 意味
人の意表をつくような、奇抜ですぐれたはかりごとのこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

起死回生(きしかいせい)
四字熟語 - 意味
死にかかった人を生き返らす意。医術のすぐれて高いことの形容。
転じて、崩壊や敗北などの危機に直面した状態を、一気によい方向に立て直すこと。
絶望的な状況を立て直し、一挙に勢いを盛り返すこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

疑事無功(ぎじむこう)
四字熟語 - 意味
疑いながら、またためらいながら事を行うようでは、
成果は期待できないということ。
一度決めたことは決然として断行すべきであるという戒めの語。
  ⇒詳しい内容はこちら

鬼出電入(きしゅつでんにゅう)
四字熟語 - 意味
現れたり消えたりする様がすばやく、目にもとまらないこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

起承転結(きしょうてんけつ)
四字熟語 - 意味
文章や話などで全体を秩序正しくまとめる構成の意として用いられる。
さらに広く物事の順序、展開のしかた、構想にも用いられる。
  ⇒詳しい内容はこちら

喜色満面(きしょくまんめん)
四字熟語 - 意味
喜びの表情が心の中で包みきれず、
顔じゅうにあふれ出ているさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

疑心暗鬼(ぎしんあんき)
四字熟語 - 意味
疑う心の強いあまり、何でもないことにまで
不安を感じたり恐ろしくなったりすること。
  ⇒詳しい内容はこちら

規制緩和(きせいかんわ)
四字熟語 - 意味
行政当局による産業や経済に関する規制を
廃止したり緩ゆるめたりすること。
経済のサービス化や活性化を推し進めるため、
規制緩和は世界的な潮流となっている。
  ⇒詳しい内容はこちら

奇想天外(きそうてんがい)
四字熟語 - 意味
普通では思いもよらない奇抜なこと。またそのさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

気息奄奄(きそくえんえん)
四字熟語 - 意味
息も絶え絶えで、今にも死にそうなさま。
息をする力も弱く、今にも止まりそうな様子。
転じて、広く事物などが今にも滅びそうな様子をいう。
  ⇒詳しい内容はこちら

機知奇策(きちきさく)
四字熟語 - 意味
その場に応じて働く才知による奇抜なはかりごと。
  ⇒詳しい内容はこちら

機知縦横(きちじゅうおう)
四字熟語 - 意味
その場に応じて働く才知を、思いのままに発揮すること。
  ⇒詳しい内容はこちら

吉凶禍福(きっきょうかふく)
四字熟語 - 意味
幸いとわざわい。よいことと悪いこと。
また、めでたいことと縁起の悪いこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

吃驚仰天(きっきょうぎょうてん)
四字熟語 - 意味
非常に驚くこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

喜怒哀楽(きどあいらく)
四字熟語 - 意味
人間のもつさまざまな感情。
喜び・怒り・悲しみ・楽しみの四つの情のこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

木戸御免(きどごめん)
四字熟語 - 意味
芝居、見せ物などにただで入れること。
  ⇒詳しい内容はこちら

帰馬放牛(きばほうぎゅう)
四字熟語 - 意味
戦争が終わって平和になるたとえ。
また、再び戦争をしないたとえ。
戦争で使った馬や牛を野に帰し放つ意から。
  ⇒詳しい内容はこちら

帰命頂礼(きみょうちょうらい)
四字熟語 - 意味
地に頭をつけて礼拝し、深く帰依きえの情をあらわすこと。
心から仏に帰依すること。
  ⇒詳しい内容はこちら

鬼面仏心(きめんぶっしん)
四字熟語 - 意味
表面は怖そうだが、内心はとてもやさしいこと。
また、そのような人。
鬼のように怖そうな顔に、仏のようなやさしい心の意から 。
  ⇒詳しい内容はこちら

亀毛兎角(きもうとかく)
四字熟語 - 意味
この世にあり得ないもの、実在するはずがない物事のたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

逆取順守(ぎゃくしゅじゅんしゅ)
四字熟語 - 意味
道理にそむいた方法で天下を取り、
それを道理にかなった方法で守ること。
  ⇒詳しい内容はこちら

脚下照顧(きゃっかしょうこ)
四字熟語 - 意味
自分の足元をよくよく見よという意。
もと禅家の語で、他に向かって悟りを追求せず、
まず自分の本性をよく見つめよという戒めの語。
転じて、他に向かって理屈を言う前に、
まず自分の足元を見て自分のことをよく反省すべきこと。
また、足元に気をつけよの意で、身近なことに気をつけるべきことをいう。
  ⇒詳しい内容はこちら

旧雨今雨(きゅううこんう)
四字熟語 - 意味
古い友人と新しい友人のこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

窮猿投林(きゅうえんとうりん)
四字熟語 - 意味
困っているときには、あれこれと
えり好みなどしている余裕はないたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

九夏三伏(きゅうかさんぷく)
四字熟語 - 意味
夏のこと。また、夏の最も暑いころをいう。
  ⇒詳しい内容はこちら

九牛一毛(きゅうぎゅういちもう)
四字熟語 - 意味
多くの中の、きわめてわずかな部分のたとえ。
また、きわめて些細ささいで取るに足りないことのたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

鳩居鵲巣(きゅうきょじゃくそう)
四字熟語 - 意味
もとは女が嫁いで、夫の家をわが家とするたとえ。
転じて、労せずして他人の成功や他人の地位を横取りするたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

救国済民(きゅうこくさいみん)
四字熟語 - 意味
国や世の中を救い、人々を苦しみから救うこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

九死一生(きゅうしいっしょう)
四字熟語 - 意味
危ういところで奇跡的に助かること。
ほとんど死を避けがたい危険な瀬戸際で、かろうじて助かること。
  ⇒詳しい内容はこちら

牛溲馬勃(ぎゅうしゅうばぼつ)
四字熟語 - 意味
役に立たないもののたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

鳩首凝議(きゅうしゅぎょうぎ)
四字熟語 - 意味
人々が集まり、額を寄せ合って熱心に相談すること。
  ⇒詳しい内容はこちら

急所弱所(きゅうしょじゃくしょ)
四字熟語 - 意味
そこを攻められると生命にかかわるような弱点。
  ⇒詳しい内容はこちら

救世済民(きゅうせいさいみん)
四字熟語 - 意味
世の中を救い、人々を苦しみから助けること。
  ⇒詳しい内容はこちら

旧態依然(きゅうたいいぜん)
四字熟語 - 意味
昔のままで少しも進歩や発展がないさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

九腸寸断(きゅうちょうすんだん)
四字熟語 - 意味
非常に悲しいことの形容。断腸の思い。
  ⇒詳しい内容はこちら

急転直下(きゅうてんちょっか)
四字熟語 - 意味
物事の事態や情勢が突然に変化して、解決・結末に向かうこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

牛刀割鶏(ぎゅうとうかっけい)
四字熟語 - 意味
取るに足りない小さなことを処理するのに、
大げさな方法を用いるたとえ。
小さな物事を裁くのに、大人物や大げさな方法・手段などは
必要ないということ。
  ⇒詳しい内容はこちら

旧套墨守(きゅうとうぼくしゅ)
四字熟語 - 意味
古いしきたりや方法などを固く守ること。
また、古いしきたりなどにとらわれて融通のきかないこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

窮途末路(きゅうとまつろ)
四字熟語 - 意味
苦境にいて行きづまり、逃れようもない状態。
窮地にあって困りはてること。
  ⇒詳しい内容はこちら

義勇任侠(ぎゆうにんきょう)
四字熟語 - 意味
忠義と、勇気と、男気。
  ⇒詳しい内容はこちら

窮年累世(きゅうねんるいせい)
四字熟語 - 意味
人と人の気持ちの繋がりの不思議さは、
仏教でいう因縁によるものという意味。
  ⇒詳しい内容はこちら

朽木糞牆(きゅうぼくふんしょう)
四字熟語 - 意味
怠け者のたとえ。手の施しようのないものや、
役に立たない無用なもののたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

急流勇退(きゅうりゅうゆうたい)
四字熟語 - 意味
官職などをいさぎよく、きっぱりと辞めること。
  ⇒詳しい内容はこちら

恐悦至極(きょうえつしごく)
四字熟語 - 意味
相手の厚意に大変喜び感謝すること。
  ⇒詳しい内容はこちら

鏡花風月(きょうかふうげつ)
四字熟語 - 意味
はかない幻の例え。目には見えるが、手に取ることのできないものの例え。
また、感じ取れても説明できない奥深い趣の例え。
詩歌・小説などの奥深い味わいの例え。
  ⇒詳しい内容はこちら

狂歌乱舞(きょうからんぶ)
四字熟語 - 意味
非常に興奮した声で歌い、羽目を外して舞うこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

狂喜乱舞(きょうきらんぶ)
四字熟語 - 意味
思わず小躍りするほど大いに喜ぶこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

薑桂之性(きょうけいのせい)
四字熟語 - 意味
年老いてますます剛直なことのたとえ。
また、特有の性質は簡単には変わらないたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

尭鼓舜木(ぎょうこしゅんぼく)
四字熟語 - 意味
人の善言はよく聞き入れなければならないということ。
  ⇒詳しい内容はこちら

行住坐臥(ぎょうじゅうざが)
四字熟語 - 意味
日常の立ち居振る舞いのこと。
転じて、ふだん・常々の意。
  ⇒詳しい内容はこちら

拱手傍観(きょうしゅぼうかん)
四字熟語 - 意味
手をこまねいて何もせず、ただそばで見ていること。
特に重大な事態に直面して、当然なすべきことがあるのに、
何もしないことを批判を込めて用いることが多い。
  ⇒詳しい内容はこちら

協心戮力(きょうしんりくりょく)
四字熟語 - 意味
心も力も一つに合わせるということ。
  ⇒詳しい内容はこちら

共存共栄(きょうぞんきょうえい)
四字熟語 - 意味
二つ以上のものが互いに敵対することなく
助け合って生存し、ともに栄えること。
  ⇒詳しい内容はこちら

驚天動地(きょうてんどうち)
四字熟語 - 意味
世間を非常に驚かせること。
世間をあっと驚かせる事件・出来事の形容。
  ⇒詳しい内容はこちら

共同戦線(きょうどうせんせん)
四字熟語 - 意味
本来、主義や主張の異なる二つ以上の団体などが、
共通の目的に対して作る、協力する態勢や組織。
  ⇒詳しい内容はこちら

強迫観念(きょうはくかんねん)
四字熟語 - 意味
払いのけようとしても強く浮かんでくるいやな考え。
  ⇒詳しい内容はこちら

興味津々(きょうみしんしん)
四字熟語 - 意味
おもしろ事や関心が尽きず、あとからあとから沸いてくるさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

玉石混淆(ぎょくせきこんこう)
四字熟語 - 意味
すぐれたものと劣ったものが区別なく
入り混じっていることのたとえ。
宝玉と石ころが混じり合っている意から。
  ⇒詳しい内容はこちら

玉石同砕(ぎょくせきどうさい)
四字熟語 - 意味
善悪・賢愚の区別なくすべて滅び、なくなるたとえ。
宝玉と石ころがともに砕け、なくなる意から。
  ⇒詳しい内容はこちら

虚静恬淡(きょせいてんたん)
四字熟語 - 意味
心静かでわだかまりがなく、さっぱりしているさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

挙措進退(きょそしんたい)
四字熟語 - 意味
日常のちょっとした動作。立ち居振る舞い。
また、身の処し方をいう。
  ⇒詳しい内容はこちら

玉昆金友(ぎょっこんきんゆう)
四字熟語 - 意味
他人の兄弟をほめていう語。
すぐれた兄弟の意。
  ⇒詳しい内容はこちら

挙動不審(きょどうふしん)
四字熟語 - 意味
言動に怪しさがあり、疑わしいこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

漁夫之利(ぎょふのり)
四字熟語 - 意味
両者が争っているすきに、第三者が骨を折らずに
その利益を横取りするたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

虚無恬淡(きょむてんたん)
四字熟語 - 意味
事物に対するいっさいの欲を消し去ったやすらかな心。
  ⇒詳しい内容はこちら

魚目燕石(ぎょもくえんせき)
四字熟語 - 意味
外観は似ているが、内実は似ても似つかない価値のないもののたとえ。
本物と紛らわしい偽物のたとえ。また、本物と偽物が紛らわしいたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

金科玉条(きんかぎょくじょう)
四字熟語 - 意味
黄金や珠玉のように善美を尽くした法律や規則の意。
転じて、人が絶対的なよりどころとして守るべき規則や法律のこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

謹賀新年(きんがしんねん)
四字熟語 - 意味
「謹んで新年をお祝い申し上げます」という意味。
  ⇒詳しい内容はこちら

僅有絶無(きんゆうぜつむ)
四字熟語 - 意味
ほとんど無い事。   ⇒詳しい内容はこちら


スポンサーサイト

theme : 四字熟語
genre : 学問・文化・芸術

comment

Secret

プロフィール

ジュンジュン

Author:ジュンジュン
FC2ブログへようこそ!

ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank

フィードメーター - 四字熟語・格言を覚えよう

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新記事
ブログ検索
ブログランキング参加中★
おすすめ書籍・辞典
カテゴリ
QRコード
QRコード
スポンサーリンク
RSSリンクの表示
スポンサードリンク
四字熟語 早見一覧
四字熟語早見一覧【あ】
四字熟語早見一覧【い】
四字熟語早見一覧【う】
四字熟語早見一覧【え】
四字熟語早見一覧【お】
四字熟語早見一覧【か】
四字熟語早見一覧【き】
四字熟語早見一覧【く】
四字熟語早見一覧【け】
四字熟語早見一覧【こ】
四字熟語早見一覧【さ】
四字熟語早見一覧【し】
四字熟語早見一覧【す】
四字熟語早見一覧【せ】
四字熟語早見一覧【そ】
四字熟語早見一覧【た】
四字熟語早見一覧【ち】
四字熟語早見一覧【つ】
四字熟語早見一覧【て】
四字熟語早見一覧【と】
四字熟語早見一覧【な】
四字熟語早見一覧【に】
四字熟語早見一覧【ぬ】
四字熟語早見一覧【ね】
四字熟語早見一覧【の】
四字熟語早見一覧【は】
四字熟語早見一覧【ひ】
四字熟語早見一覧【ふ】
四字熟語早見一覧【へ】
四字熟語早見一覧【ほ】
四字熟語早見一覧【ま】
四字熟語早見一覧【み】
四字熟語早見一覧【む】
四字熟語早見一覧【め】
四字熟語早見一覧【も】
四字熟語早見一覧【や】
四字熟語早見一覧【ゆ】
四字熟語早見一覧【よ】
四字熟語早見一覧【ら】
四字熟語早見一覧【り】
四字熟語早見一覧【る】
四字熟語早見一覧【れ】
四字熟語早見一覧【ろ】
四字熟語早見一覧【わ】
リンク
アクセスランキング
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FX比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。