スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四字熟語一覧【こ】

=四字熟語・格言 【こ】早見一覧=

居安思危(こあんしき)
四字熟語 - 意味
平安無事のときにも、危難に備え、
用心を怠らないこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

挙一明三(こいちみょうさん)
【四字熟語 - 意味】
「一」を挙げて示せば、ただちに「三」を理解すること。
非常に賢くて理解の早いたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

香囲粉陣(こういふんじん)
四字熟語 - 意味
たくさんの美人に囲まれるたとえ。
香の囲いと、おしろいの列の意から。
  ⇒詳しい内容はこちら

光陰流水(こういんりゅうすい)
【四字熟語 - 意味】
月日の過ぎ去るさまは、水の流れの速いのと同じということ。
  ⇒詳しい内容はこちら

行雲流水(こううんりゅうすい)
【四字熟語 - 意味】
空行く雲や流れる水のように、深く物事に執着しないで
自然の成り行きに任せて行動するたとえ。
また、一定の形をもたず、自然に移り変わってよどみがないことのたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

光炎万丈(こうえんばんじょう)
【四字熟語 - 意味】
光り輝く炎が高く、たちのぼること。
また、詩文などが勢いがあることのたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

豪快奔放(ごうかいほんぽう)
四字熟語 - 意味
ささいなことにこだわらず、
堂々と思うままに振る舞うようす。
  ⇒詳しい内容はこちら

豪華絢爛(ごうかけんらん)
四字熟語 - 意味
はなやかに豊かで、光り輝くように美しいさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

膏火自煎(こうかじせん)
四字熟語 - 意味
財産や才能などがあることで、かえって災いを招くたとえ。
あぶらの火は燃やすと明るくなり、その力を発揮するが、
そのために自らを焼いて燃え尽きてしまう意から。
  ⇒詳しい内容はこちら

効果覿面(こうかてきめん)
四字熟語 - 意味
ある事柄のききめや報いがすぐに現れること。
すぐにはっきりとした結果や効果が出る。
  ⇒詳しい内容はこちら

鴻雁哀鳴(こうがんあいめい)
四字熟語 - 意味
鴻と雁が悲しげに鳴く。
転じて、流民が窮状を声を上げて哀訴するさまのたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

抗顔為師(こうがんいし)
四字熟語 - 意味
たかぶった顔をして大先生ぶること。
臆面もなく物知り顔をして、
自分自身を先生だとうぬぼれるさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

高岸深谷(こうがんしんこく)
四字熟語 - 意味
世の中の変遷が著しいことのたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

合歓綢繆(ごうかんちゅうびゅう)
四字熟語 - 意味
男女が親しく愛し合うさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

傲岸不遜(ごうがんふそん)
四字熟語 - 意味
言おごりたかぶって人を見下すさま。
思いあがって謙虚さのないさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

厚顔無恥(こうがんむち)
【四字熟語 - 意味】
厚かましく、恥知らずなさま。
他人の迷惑などかまわずに、自分の都合や思惑だけで行動すること。
  ⇒詳しい内容はこちら

剛毅果断(ごうきかだん)
四字熟語 - 意味
意志がしっかりとしていて、思い切って事を行うさま。
また、決断力に富んでいるさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

巧偽拙誠(こうぎせっせい)
四字熟語 - 意味
下手でも誠のある方がよいこと。
どんなに上手でも嘘が混じっているならば、
劣っていても誠がこもっている方がよいことをいう。
  ⇒詳しい内容はこちら

好機到来(こうきとうらい)
【四字熟語 - 意味】
またとない、よい機会がめぐってくること。絶好の機会に恵まれること。
  ⇒詳しい内容はこちら

孔丘盗跖(こうきゅうとうせき)
四字熟語 - 意味
人間死ねばだれでもみな塵となる。
生きているうちが花、もっと楽しもうという意味。
  ⇒詳しい内容はこちら

恒久平和(こうきゅうへいわ)
四字熟語 - 意味
永久に変わらない平和。
  ⇒詳しい内容はこちら

好景不長(こうけいふちょう)
四字熟語 - 意味
いつまでもいいことは続かない。
いい夢はいずれ破れるというたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

高潔無比(こうけつむひ)
四字熟語 - 意味
比べるものがないほど気高く清らかで汚れのないこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

口血未乾(こうけつみかん)
四字熟語 - 意味
約束をしたばかりで、まだ何日も経っていないこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

巧言乱徳(こうげんらんとく)
四字熟語 - 意味
巧みに飾った言葉は、人を惑わして徳の妨げになること。
口先ばかりで誠意がないと、結局信頼をなくして徳を乱すもととなり、
ひいては他人の徳も傷つけることになるという意から。
  ⇒詳しい内容はこちら

巧言令色(こうげんれいしょく)
四字熟語 - 意味
口先だけでうまいことを言ったり、うわべだけ愛想よくとりつくろったりすること。
人に媚こびへつらうさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

後顧之憂(こうこのうれい)
四字熟語 - 意味
物事をやり終わった後に残る気がかり。のちのちの心配。
  ⇒詳しい内容はこちら

高材疾足(こうざいしっそく)
四字熟語 - 意味
すぐれた才能や手腕があること、ある人のこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

光彩奪目(こうさいだつもく)
四字熟語 - 意味
目を見張るばかりの美しい輝きやいろどり。
  ⇒詳しい内容はこちら

幸災楽禍(こうさいらくか)
四字熟語 - 意味
他人の不幸を喜ぶこと。
人の災いを幸いとして喜び、災いを楽しむ意から。
  ⇒詳しい内容はこちら

光彩陸離(こうさいりくり)
四字熟語 - 意味
光が乱れ輝き、まばゆいばかりに美しいさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

高山景行(こうざんけいこう)
四字熟語 - 意味
高い山と大きな道。
情操が高尚で、行いが立派なたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

高山流水(こうざんりゅうすい)
四字熟語 - 意味
すぐれて巧みな音楽、絶妙な演奏のたとえ。
また、自分を理解してくれる真の友人のたとえ。
清らかな自然の意に用いられることもある。
  ⇒詳しい内容はこちら

行尸走肉(こうしそうにく)
四字熟語 - 意味
才能や学問もなく、何の役にも立たない無能な人のたとえ。
歩く屍しかばねと、走る魂のない肉体の意から。
  ⇒詳しい内容はこちら

巧取豪奪(こうしゅごうだつ)
四字熟語 - 意味
あの手この手で巻き上げる。
言葉巧みにだまし取ったり、力づくで奪ったりすること。
  ⇒詳しい内容はこちら

鉤縄規矩(こうじょうきく)
四字熟語 - 意味
物事や行為の標準・基準になるもののこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

後生可畏(こうせいかい)
四字熟語 - 意味
若者は、今は未熟でも来るべき時代の息吹を敏感に感じ取り、
将来の大きな可能性を秘めているから、侮ってはならず、
むしろおそれ敬うべきであるということ。
  ⇒詳しい内容はこちら>

傲然屹立(ごうぜんきつりつ)
四字熟語 - 意味
誇らし気にそびえ立つさま。
また、堅固で揺るぎないさまをいう。
堂々として山が険しくそびえ立つさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

恍然自失(こうぜんじしつ)
四字熟語 - 意味
ぼんやりとして気抜けしたようになる。
  ⇒詳しい内容はこちら

広壮豪宕(こうそうごうとう)
四字熟語 - 意味
意気盛んで小さなことにこだわらず、
思うままにふるまうこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

広大無辺(こうだいむへん)
四字熟語 - 意味
果てしなく広く大きいさま。
また、限りなく広々としているさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

強談威迫(ごうだんいはく)
四字熟語 - 意味
自分の要求に従わせようと、
相手方に対し強引に談判して脅すこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

高談雄弁(こうだんゆうべん)
四字熟語 - 意味
大いに談論すること。盛んに議論すること。
また、あたりかまわず存分に話すこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

黄中内潤(こうちゅうないじゅん)
四字熟語 - 意味
才能や徳が内に充実していること。
また、それを内に深くしまい込んで外に表さないこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

口誅筆伐(こうちゅうひつばつ)
四字熟語 - 意味
言葉と文章で激しく批判、攻撃すること。
現代で言うと、ある事件、人物に対しマスコミ・報道機関が
容赦なく批判を浴びせるたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

交頭接耳(こうとうせつじ)
四字熟語 - 意味
頭を近付け耳に接して話す。
内緒話。ひそひそ話。
  ⇒詳しい内容はこちら

荒唐無稽(こうとうむけい)
四字熟語 - 意味
言説などがでたらめでよりどころがないさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

皇統連綿(こうとうれんめん)
四字熟語 - 意味
財物をたくさん貯えることは、
必ず巨大な損失につながる意。
  ⇒詳しい内容はこちら

功徳兼隆(こうとくけんりゅう)
四字熟語 - 意味
成し遂げた功績と身に備わっている人徳とがともに盛大なこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

狡兔三窟(こうとさんくつ)
四字熟語 - 意味
人が身の安全のために、たくさんの避難場所やさまざまな策を用意するたとえ。
難を逃れるのに巧みなたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

光風霽月(こうふうせいげつ)
四字熟語 - 意味
心がさわやかで執着なく、快活・洒落なことのたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

公平無私(こうへいむし)
【四字熟語 - 意味】
行動、判断などが公平で、私的な感情や利益などに左右されないさま。
公正平等、公明正大。
  ⇒詳しい内容はこちら

光芒一閃(こうぼういっせん)
四字熟語 - 意味
光がぴかっと一瞬光るように、
事が急激に、また瞬時に変化する形容。
  ⇒詳しい内容はこちら

豪放磊落(ごうほうらいらく)
四字熟語 - 意味
気持ちが大きく快活で、小さなことにこだわらないこと。
また、そのさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

公明正大(こうめいせいだい)
四字熟語 - 意味
私心をさしはさまず、公正に事を行うこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

高論卓説(こうろんたくせつ)
四字熟語 - 意味
普通の人では考え及ばないようなすぐれた意見や議論のこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

呉越同舟(ごえつどうしゅう)
【四字熟語 - 意味】
仲の悪い者同士や敵味方が、同じ場所や境遇にいること。
本来は、仲の悪い者同士でも同じ災難や利害が一致すれば、
協力したり助け合ったりするたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

古往今来(こおうこんらい)
四字熟語 - 意味
昔から今に至るまで。昔から。
  ⇒詳しい内容はこちら

狐疑逡巡(こぎしゅんじゅん)
四字熟語 - 意味
きつねが疑い深いように、なかなか決心がつかず、ぐずぐずしていること。
優柔不断なさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

呉牛喘月(ごぎゅうぜんげつ)
四字熟語 - 意味
過度におびえ恐れることのたとえ。
また、疑いの心があると、何でもないものにまで
恐れや疑いの気持ちをもつたとえ。
暑い呉の地方の牛は月を見ても暑い太陽だと思い、喘ぐ意から。
  ⇒詳しい内容はこちら

五行相剋(ごぎょうそうこく)
四字熟語 - 意味
水・火・金・木・土の五つの根元要素が互いに力を減じ合い、
水は火に、火は金に、金は木に、木は土に、土は水に勝つという考え方。
  ⇒詳しい内容はこちら

国士無双(こくしむそう)
四字熟語 - 意味
国中で並ぶ者がないほどすぐれた人物のこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

極楽往生(ごくらくおうじょう)
四字熟語 - 意味
死んだ後に極楽浄土に生まれ変わること。
また、安らかに死ぬこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

孤軍奮闘(こぐんふんとう)
【四字熟語 - 意味】
支援する者がない中、一人で懸命に戦うこと。
また、一人で難事業に向かって鋭意努力すること。
孤立した少数の軍勢が、敵と懸命に戦う意から。
  ⇒詳しい内容はこちら

古今東西(ここんとうざい)
【四字熟語 - 意味】
昔から今に至るまで、東西四方あらゆる場所においての意。
いつでもどこでも。
  ⇒詳しい内容はこちら

古今独歩(ここんどっぽ)
四字熟語 - 意味
昔から今に至るまでで比べるものがないほどすぐれていること。
  ⇒詳しい内容はこちら

虎視眈眈(こしたんたん)
四字熟語 - 意味
強い者が機会をねらって形勢をうかがっているさま。
とらが獲物をねらって、鋭い目でじっと見下ろす意から。
  ⇒詳しい内容はこちら

後生大事(ごしょうだいじ)
四字熟語 - 意味
いつも心を込めて勤め励むこと。
また、いつまでも物を大切に保管すること。
  ⇒詳しい内容はこちら

古色古香(こしょくここう)
四字熟語 - 意味
古くて優雅な趣が漂うという意味。
  ⇒詳しい内容はこちら

古色蒼然(こしょくそうぜん)
四字熟語 - 意味
ひどく古びたさま。いかにも古めかしいさま。
また、古めかしく趣のあるさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

五臓六腑(ごぞうろっぷ)
四字熟語 - 意味
はらわた。内臓。からだの中すべて。
また、腹の中。心の中。
五つの内臓と六つのはらわたの意。
  ⇒詳しい内容はこちら

誇大妄想(こだいもうそう)
四字熟語 - 意味
自分の地位・財産・能力などの現状を実際より過大に評価して、
自分が他人よりもはるかにすぐれていると思い込むこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

克己復礼(こっきふくれい)
四字熟語 - 意味
私情や私欲に打ち勝って、社会の規範や
礼儀にかなった行いをすること。
  ⇒詳しい内容はこちら

胡馬北風(こばほくふう)
四字熟語 - 意味
故郷の忘れがたいことのたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

五風十雨(ごふうじゅうう)
四字熟語 - 意味
世の中が平穏無事であるたとえ。
気候が穏やかで順調なことで、豊作の兆しとされる。
五日ごとに風が吹き、十日ごとに雨が降る意から。
  ⇒詳しい内容はこちら

鼓舞激励(こぶげきれい)
四字熟語 - 意味
大いに励まし奮い立たせること。
励まし元気づけること。
  ⇒詳しい内容はこちら

枯木寒巌(こぼくかんがん)
四字熟語 - 意味
世俗に超然とした悟りの境地のたとえ。
枯れた木と冷たい岩の意から。
  ⇒詳しい内容はこちら

孤立無援(こりつむえん)
四字熟語 - 意味
頼るものがなく、ひとりぼっちで助けのないさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

五里霧中(ごりむちゅう)
【四字熟語 - 意味】
霧が深くて方角がわからないように、
物事の手がかりがつかめず困惑している状態のたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

五倫五常(ごりんごじょう)
【四字熟語 - 意味】
人として常に踏み守るべき道徳の事。
  ⇒詳しい内容はこちら

言語道断(ごんごどうだん)
四字熟語 - 意味
言葉に表せないほどあまりにひどいこと。
とんでもないこと。もってのほか。
  ⇒詳しい内容はこちら
スポンサーサイト

theme : 四字熟語
genre : 学問・文化・芸術

comment

Secret

プロフィール

ジュンジュン

Author:ジュンジュン
FC2ブログへようこそ!

ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank

フィードメーター - 四字熟語・格言を覚えよう

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最新記事
ブログ検索
ブログランキング参加中★
おすすめ書籍・辞典
カテゴリ
QRコード
QRコード
スポンサーリンク
RSSリンクの表示
スポンサードリンク
四字熟語 早見一覧
四字熟語早見一覧【あ】
四字熟語早見一覧【い】
四字熟語早見一覧【う】
四字熟語早見一覧【え】
四字熟語早見一覧【お】
四字熟語早見一覧【か】
四字熟語早見一覧【き】
四字熟語早見一覧【く】
四字熟語早見一覧【け】
四字熟語早見一覧【こ】
四字熟語早見一覧【さ】
四字熟語早見一覧【し】
四字熟語早見一覧【す】
四字熟語早見一覧【せ】
四字熟語早見一覧【そ】
四字熟語早見一覧【た】
四字熟語早見一覧【ち】
四字熟語早見一覧【つ】
四字熟語早見一覧【て】
四字熟語早見一覧【と】
四字熟語早見一覧【な】
四字熟語早見一覧【に】
四字熟語早見一覧【ぬ】
四字熟語早見一覧【ね】
四字熟語早見一覧【の】
四字熟語早見一覧【は】
四字熟語早見一覧【ひ】
四字熟語早見一覧【ふ】
四字熟語早見一覧【へ】
四字熟語早見一覧【ほ】
四字熟語早見一覧【ま】
四字熟語早見一覧【み】
四字熟語早見一覧【む】
四字熟語早見一覧【め】
四字熟語早見一覧【も】
四字熟語早見一覧【や】
四字熟語早見一覧【ゆ】
四字熟語早見一覧【よ】
四字熟語早見一覧【ら】
四字熟語早見一覧【り】
四字熟語早見一覧【る】
四字熟語早見一覧【れ】
四字熟語早見一覧【ろ】
四字熟語早見一覧【わ】
リンク
アクセスランキング
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FX比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。