スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四字熟語一覧【し】

=四字熟語・格言 【し】早見一覧=

思案投首(しあんなげくび)
四字熟語 - 意味
名案が浮かばず、困りきって首を傾けていること。
  ⇒詳しい内容はこちら

詩歌管弦(しいかかんげん)
四字熟語 - 意味
漢詩、和歌と音曲などの風流な趣味。
  ⇒詳しい内容はこちら

尸位素餐(しいそさん)
四字熟語 - 意味
ある地位にありながら職責を果たさず、
無駄に禄ろくをもらっていること。
また、その人。
  ⇒詳しい内容はこちら

慈烏反哺(じうはんぽ)
四字熟語 - 意味
父母が年老いた後、その子が父母を養って恩に報いること。
  ⇒詳しい内容はこちら

四海兄弟(しかいけいてい)
四字熟語 - 意味
真心と礼儀を尽くして他者に交われば、
世界中の人々はみな兄弟のように仲良くなること。
また、そうすべきであること。
  ⇒詳しい内容はこちら

死灰復然(しかいふくねん)
四字熟語 - 意味
一度衰えた勢力が再び盛り返すたとえ。
また、一度おさまった事が再発することのたとえ。
火の気が消えて冷たくなった灰が、再び燃え出す意から。
  ⇒詳しい内容はこちら

自学自習(じがくじしゅう)
四字熟語 - 意味
他の人から教わらずに、自分一人で学習すること。
  ⇒詳しい内容はこちら

自画自賛(じがじさん)
四字熟語 - 意味
自分の描いた絵に自分で賛をすることから、
自分で自分のしたことを褒めること。
  ⇒詳しい内容はこちら

自家撞着(じかどうちゃく)
四字熟語 - 意味
自分の言うことが前後で食い違うこと。
自己矛盾。
  ⇒詳しい内容はこちら

自家薬籠(じかやくろう)
四字熟語 - 意味
自分の薬箱の中の薬のように、いつでも役立てられるもの。
転じて、自分の側に手なずけた人物をいう。
  ⇒詳しい内容はこちら

只管打座(しかんたざ)
四字熟語 - 意味
余念を交えず、ただひたすら座禅すること。
  ⇒詳しい内容はこちら

士気高揚(しきこうよう)
四字熟語 - 意味
兵士の意気を高くあげること。
また、人々の意気を高くあげること。
  ⇒詳しい内容はこちら

時期尚早(じきしょうそう)
四字熟語 - 意味
まだその時期になっていないこと。時期が早すぎること。
  ⇒詳しい内容はこちら

色即是空(しきそくぜくう)
四字熟語 - 意味
現世に存在するあらゆる事物や現象は
すべて実体ではなく、空無であるということ。
  ⇒詳しい内容はこちら

時機到来(じきとうらい)
四字熟語 - 意味
物事を実行するのに適当な時点になること。
  ⇒詳しい内容はこちら


自給自足(じきゅうじそく)
四字熟語 - 意味
必要とする物を他に求めず、すべて自分でまかない、
足りるようにすること。
自分で自分に供給し、自分を足らせ満たす意から。
  ⇒詳しい内容はこちら

至恭至順(しきょうしじゅん)
四字熟語 - 意味
このうえなく素直で従順なさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

四衢八街(しくはちがい)
四字熟語 - 意味
大きな通りが四方八方に通じた大きな町。
交通などの便がよく、賑わう町の形容。
  ⇒詳しい内容はこちら

四苦八苦(しくはっく)
四字熟語 - 意味
非常に苦労すること。
たいへんな苦しみ。もと仏教の語で、あらゆる苦しみの意。
  ⇒詳しい内容はこちら

舳艫千里(じくろせんり)
四字熟語 - 意味
船団が果てしなく長く連なること。
また、多くの舟が長く連なり進むこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

自己暗示(じこあんじ)
四字熟語 - 意味
自分で自分にある観念を繰り返すことで暗示をかけ、
理性を超えた行動や力を生み出すこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

試行錯誤(しこうさくご)
四字熟語 - 意味
新しい物事をするとき、試みと失敗を繰り返しながら次第に見通しを立てて、
解決策や適切な方法を見いだしていくこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

自業自得(じごうじとく)
四字熟語 - 意味
自分がなした悪事のために、自分の身にその報いを受けること。
自分がしたことの報いは、必ず自分自身が受けるという教え。
  ⇒詳しい内容はこちら

至公至平(しこうしへい)
四字熟語 - 意味
このうえなく公平であること。
また、そのさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

至孝貞淑(しこうていしゅく)
四字熟語 - 意味
この上もなく孝行で、女性の操がかたく、しとやかなこと。
  ⇒詳しい内容はこちら
四荒八極(しこうはっきょく)
四字熟語 - 意味
世界中のあらゆる地域、場所、世界の隅々まで。
  ⇒詳しい内容はこちら

自己嫌悪(じこけんお)
四字熟語 - 意味
自分がいやになること。
自分で自分にいやけがさすこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

自己顕示(じこけんじ)
四字熟語 - 意味
自分の存在を多くの人の中で、
ことさらに目立たせること。
  ⇒詳しい内容はこちら

事後承諾(じごしょうだく)
四字熟語 - 意味
関係者の承諾を必要とする行為を、時間的な事情などで
承諾を受けずに行った時、事がすんだ後で、
それについての承諾を受けること。
  ⇒詳しい内容はこちら

自己矛盾(じこむじゅん)
四字熟語 - 意味
自分自身の中で、論理や行動が食い違い、
つじつまが合わなくなること。
  ⇒詳しい内容はこちら

士魂商才(しこんしょうさい)
四字熟語 - 意味
武士の精神と商人としての抜け目ない才能とを併せもっていること。
  ⇒詳しい内容はこちら

自在不羈(じざいふき)
四字熟語 - 意味
自分の思う通りに行動し、束縛されないこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

思索生知(しさくせいち)
四字熟語 - 意味
道理や筋道を追って、物事をよく考えることで
知恵が生まれてくるということ。
  ⇒詳しい内容はこちら

屍山血河(しざんけつが)
四字熟語 - 意味
激しい戦闘のたとえ。
また、そのあとの惨状のこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

時時刻刻(じじこくこく)
四字熟語 - 意味
その時その時。
物事が引き続いて起こることにいう。
  ⇒詳しい内容はこちら

師資相承(ししそうしょう)
四字熟語 - 意味
師の教えや技芸を受け継いでいくこと。
また、師から弟子へ学問や技芸などを引き継いでいくこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

子々孫々(ししそんそん)
四字熟語 - 意味
末代まで。孫子まごこの代まで。
代々。子孫の続く限りの意。
  ⇒詳しい内容はこちら

事実無根(じじつむこん)
四字熟語 - 意味
事実に基づいていないさま。
事実であるという根拠がないさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

獅子奮迅(ししふんじん)
四字熟語 - 意味
獅子が奮い立って、猛進するような激しい勢い。
また、そのような猛烈な勢いで活動すること 。
  ⇒詳しい内容はこちら

自主独立(じしゅどくりつ)
四字熟語 - 意味
独力で行うこと。
自分の力で、自分の意志で、
自分の責任において物事を成していくこ。
  ⇒詳しい内容はこちら

自縄自縛(じじょうじばく)
四字熟語 - 意味
自分の言動が自分をしばって、
自由に振る舞えずに苦しむこと。
自分の縄で自分をしばる意から。
  ⇒詳しい内容はこちら

紙上談兵(しじょうだんぺい)
四字熟語 - 意味
理屈ばかりの議論で、実行が不可能であったり、
実際の役に立たなかったりすること。
  ⇒詳しい内容はこちら

事上磨錬(じじょうまれん)
四字熟語 - 意味
実際に行動や実践を通して、知識や精神を磨くこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

四書五経(ししょごきょう)
四字熟語 - 意味
中国の代表的な古典の総称で、儒教で経典として尊ばれたもの。
  ⇒詳しい内容はこちら

自信満満(じしんまんまん)
四字熟語 - 意味
自分に確乎たる信念、確信があり、不安げな様子の無いこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

自然淘汰(しぜんとうた)
四字熟語 - 意味
自然界で、生態的条件や環境などによりよく適合するものは生存を続け、
そうでない劣勢のものは自然に滅びていくこと。
転じて、長い間には劣悪なものは滅び、優良なものだけが自然に生き残ること。
  ⇒詳しい内容はこちら

志操堅固(しそうけんご)
四字熟語 - 意味
志や考え・主義などを堅く守り、
何があっても変えないさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

志大才疎(しだいさいそ)
四字熟語 - 意味
志は雄大だが、それに見合った才能に欠けていること。
  ⇒詳しい内容はこちら

時代錯誤(じだいさくご)
四字熟語 - 意味
時代の異なるものを混同して考えること。
また、考え方や行動などが時代の流れに
逆行していて合わないこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

至大至高(しだいしこう)
四字熟語 - 意味
この上もなく大きく高いこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

至大至剛(しだいしごう)
四字熟語 - 意味
この上なく大きく、強いこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

事大主義(じだいしゅぎ)
四字熟語 - 意味
自分のしっかりした考えを持たず、
権力のあるものに従って自己の安全を図る態度。
  ⇒詳しい内容はこちら

舌先三寸(したさきさんずん)
四字熟語 - 意味
口先だけの巧みな弁舌。
うわべだけのうまい言葉で、心や中身が備わっていないこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

七花八裂(しちかはちれつ)
四字熟語 - 意味
花びらが細かく分かれるように、ばらばらに裂け砕けること。
  ⇒詳しい内容はこちら

七十古稀(しちじゅうこき)
四字熟語 - 意味
七十歳まで生きる人は少ないと言うこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

七生報国(しちしょうほうこく)
四字熟語 - 意味
この世に幾度も生まれ変わり、国の恩に報いること。
  ⇒詳しい内容はこちら

七転八起(しちてんはっき)
四字熟語 - 意味
何度失敗してもくじけず、立ち上がって努力すること。
転じて、人生の浮き沈みの激しいことのたとえとして用いることもある。
七度転んでも八度起き上がる意から。
  ⇒詳しい内容はこちら

七転八倒(しちてんばっとう)
四字熟語 - 意味
激しい苦痛などで、ひどく苦しんで転げまわること。
転んでは起き、起きては転ぶこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

七難九厄(しちなんくやく)
四字熟語 - 意味
七と九の年回り(十七歳や四十九歳など)は災難がありがちだという俗信。
  ⇒詳しい内容はこちら

七歩之才(しちほのさい)
四字熟語 - 意味
文才に恵まれていること。
また、すぐれた詩文を素早く作る才能があること。
  ⇒詳しい内容はこちら

死中求活(しちゅうきゅうかつ)
四字熟語 - 意味
追いつめられた状況にあって、助かる道を必死に模索すること。
また、捨て身の覚悟で事に当たること。
  ⇒詳しい内容はこちら

四鳥別離(しちょうべつり)
四字熟語 - 意味
親子の悲しい別れ。
  ⇒詳しい内容はこちら

四通八達(しつうはったつ)
四字熟語 - 意味
道路や交通が四方八方に通じていること。
道路網が発達して便利なこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

質疑応答(しつぎおうとう)
四字熟語 - 意味
質問とそれに対する答弁。
  ⇒詳しい内容はこちら

質実剛健(しつじつごうけん)
四字熟語 - 意味
中身が充実して飾り気がなく、
心身ともに強くたくましいさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

嫉視反目(しっしはんもく)
四字熟語 - 意味
お互いにねたみ合いながらも無視できず、
反発し合うこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

失笑噴飯(しっしょうふんぱん)
四字熟語 - 意味
おかしくて、思わず吹き出し笑うこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

質素倹約(しっそけんやく)
四字熟語 - 意味
贅沢でなく、つつましいこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

叱咤激励(しったげきれい)
四字熟語 - 意味
大声で励まして、奮い立たせること。
  ⇒詳しい内容はこちら

十中八九(じっちゅうはっく)
四字熟語 - 意味
十のうちの八か九まで。
ほとんど。おおかた。
  ⇒詳しい内容はこちら

疾風迅雷(しっぷうじんらい)
四字熟語 - 意味
非常に素早く、激しい様。
事態の変化が急なこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

疾風怒濤(しっぷうどとう)
四字熟語 - 意味
激しい風と荒れ狂う波の意。
また、時代が激しく変化することの形容。
  ⇒詳しい内容はこちら

失望落胆(しつぼうらくたん)
四字熟語 - 意味
希望を失って、がっかりすること。
  ⇒詳しい内容はこちら

四百四病(しひゃくしびょう)
四字熟語 - 意味
人のかかる病気のすべて。
  ⇒詳しい内容はこちら

雌伏雄飛(しふくゆうひ)
四字熟語 - 意味
人に付き従い、低い地位に甘んじていることと、盛んに活躍すること。
また、将来を期して人の下に従い、低い地位に甘んじ、
やがては大いに羽ばたき活躍すること。
  ⇒詳しい内容はこちら

四分五裂(しぶんごれつ)
四字熟語 - 意味
ばらばらになってしまうこと。
まとまりのあるものが秩序を失い、乱れること。
  ⇒詳しい内容はこちら

自暴自棄(じぼうじき)
四字熟語 - 意味
希望を失い、自分などどうなってもいいとやけくそになること。
失望などのために投げやりな行動をして、自分を駄目にすること。
また、そのさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

慈母敗子(じぼはいし)
四字熟語 - 意味
教育は時には厳しさが必要であることのたとえ。
母親が慈愛にあふれて甘すぎると、
かえって放蕩な子ができる意から。
  ⇒詳しい内容はこちら

揣摩憶測(しまおくそく)
四字熟語 - 意味
根拠もないのに、自分だけで勝手に推測すること。
  ⇒詳しい内容はこちら

四面楚歌(しめんそか)
四字熟語 - 意味
周囲がすべて敵や反対者で、まったく孤立して、
助けや味方がいないこと。
また、そのさま。孤立無援。
  ⇒詳しい内容はこちら

釈近謀遠(しゃくきんぼうえん)
四字熟語 - 意味
身近なところや今をおろそかにして、いたずらに遠いところや、
はるか将来のことばかり考えること。
  ⇒詳しい内容はこちら

釈根灌枝(しゃくこんかんし)
四字熟語 - 意味
末節に心を奪われたりこだわったりして、物事の根本を忘れるたとえ。
  ⇒詳しい内容はこちら

杓子定規(しゃくしじょうぎ)
四字熟語 - 意味
一定の基準や形式で、すべてを律しようとすること。
また、そのために融通がきかないさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

弱肉強食(じゃくにくきょうしょく)
四字熟語 - 意味
弱い者が強い者のえじきになること。
強い者が弱い者を思うままに滅ぼして、
繁栄すること。
  ⇒詳しい内容はこちら

寂滅為楽(じゃくめついらく)
四字熟語 - 意味
迷いの世界から離れた心安らかな悟りの境地が、
楽しいものであるということ。
  ⇒詳しい内容はこちら

舎短取長(しゃたんしゅちょう)
四字熟語 - 意味
短所や欠点を捨てて、美点や長所を選び伸ばすこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

社交辞令(しゃこうじれい)
四字熟語 - 意味
人とうまく付き合っていくためのお世辞。
  ⇒詳しい内容はこちら


舎本逐末(しゃほんちくまつ)
四字熟語 - 意味
物事の根本を疎かにして、末節に心を配ること。
  ⇒詳しい内容はこちら

縦横無尽(じゅうおうむじん)
四字熟語 - 意味
自由自在でとらわれのないさま。
勝手気ままにふるまうようす。
  ⇒詳しい内容はこちら

秀外恵中(しゅうがいけいちゅう)
四字熟語 - 意味
外見が立派で頭脳も優秀である。容貌がよくて頭がよい。
  ⇒詳しい内容はこちら

自由闊達(じゆうかったつ)
四字熟語 - 意味
心が広くのびのびとして物事にこだわらないさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

衆議一決(しゅうぎいっけつ)
四字熟語 - 意味
大勢での議論により、意見が一つにまとまり、結論が出る事。
  ⇒詳しい内容はこちら

愁苦辛勤(しゅうくしんきん)
四字熟語 - 意味
思い悩んで憂え苦しむこと。また、その苦しみ。
  ⇒詳しい内容はこちら

衆口一致(しゅうこういっち)
四字熟語 - 意味
多くの人の意見や評判がぴったり合うこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

重厚長大(じゅうこうちょうだい)
四字熟語 - 意味
どっしりとして大きいさま。
重く厚く、長く大きい意から。
  ⇒詳しい内容はこちら

修己治人(しゅうこちじん)
四字熟語 - 意味
自分を修養して徳を積み、世を治めていくこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

自由自在(じゆうじざい)
四字熟語 - 意味
自分の思うままにできるさま。
思う存分に振る舞うさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

終始一貫(しゅうしいっかん)
四字熟語 - 意味
始めから終わりまで行動や態度などが変わらないこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

袖手傍観(しゅうしゅぼうかん)
四字熟語 - 意味
手をこまねいて、ただ何もせずにそばで見ていること。
特に重大な事態などに当然なすべき事があるのに、
何もしないでいることを批判を込めて用いることが多い。
  ⇒詳しい内容はこちら

周章狼狽(しゅうしょうろうばい)
四字熟語 - 意味
大いにあわてること。
非常にあわてうろたえること。
  ⇒詳しい内容はこちら

衆人環視(しゅうじんかんし)
四字熟語 - 意味
多くの人が周りを取り囲んで見ていること。
  ⇒詳しい内容はこちら

修身斉家(しゅうしんせいか)
四字熟語 - 意味
自分の行いを修め正して、家庭をととのえ治めること。
  ⇒詳しい内容はこちら

十全十美(じゅうぜんじゅうび)
四字熟語 - 意味
完全で全く欠点のないこと。
すべてがそろって完全なさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

周知徹底(しゅうちてってい)
四字熟語 - 意味
広くすみずみまで、きちっと知れわたらせること。
  ⇒詳しい内容はこちら

十人十色(じゅうにんといろ)
四字熟語 - 意味
考え・好み・性質などが、
人によってそれぞれに異なること。
  ⇒詳しい内容はこちら

十年一昔(じゅうねんひとむかし)
四字熟語 - 意味
世の中の移り変わりが激しいことのたとえ。
十年という年月を区切りとして、
それ以前は昔のように思われるということ。
  ⇒詳しい内容はこちら

自由奔放(じゆうほんぽう)
四字熟語 - 意味
他を気にかけず、自分の思うままに振る舞うさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

十万億土(じゅうまんおくど)
四字熟語 - 意味
死んだ人が行くといわれている非常に遠いところ。
極楽浄土。
非常に離れている意味にも用いられる。
  ⇒詳しい内容はこちら

主客転倒(しゅかくてんとう)
四字熟語 - 意味
主な物事と従属的な物事が逆の扱いを受けること。
物事の順序や立場などが逆転すること。
  ⇒詳しい内容はこちら

主義主張(しゅぎしゅちょう)
四字熟語 - 意味
各人の持つポリシ-。
常に守って変えない一定の考え・方針・思想上の立場。
  ⇒詳しい内容はこちら

熟思黙想(じゅくしもくそう)
四字熟語 - 意味
黙って、心を平静にしてじっくりと考えること。
  ⇒詳しい内容はこちら

熟読玩味(じゅくどくがんみ)
四字熟語 - 意味
文章をよく読み、じっくり考えて味わうこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

熟慮断行(じゅくりょだんこう)
四字熟語 - 意味
十分に考えた上で、思い切って実行すること。
  ⇒詳しい内容はこちら

酒池肉林(しゅちにくりん)
四字熟語 - 意味
贅沢の限りを尽くした盛大な宴会。また、みだらな宴会のたとえ。
酒を池に満たし、肉を林に掛ける意から。
  ⇒詳しい内容はこちら

出藍之誉(しゅつらんのほまれ)
四字熟語 - 意味
弟子が師よりもすぐれた才能をあらわすたとえ。
青色の染料は藍あいから取るものだが、
もとの藍の葉より青くなることからいう。
  ⇒詳しい内容はこちら

首尾一貫(しゅびいっかん)
四字熟語 - 意味
方針や態度などが初めから終わりまで変わりなく同じであること。
  ⇒詳しい内容はこちら

手舞足踏(しゅぶそくとう)
四字熟語 - 意味
大きな喜びなどで、気持ちが高ぶって、
思わずそれが身振り手振りとなって現れること。
  ⇒詳しい内容はこちら

純一無雑(じゅんいつむざつ)
四字熟語 - 意味
混じり気がないさま。
また、性質などが純粋で偽りや邪心がないこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

純真無垢(じゅんしんむく)
四字熟語 - 意味
心が純粋で清らかなこと。汚れや偽りがなく、
ひとをだましたり、疑ったりする気持ちがないこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

順風満帆(じゅんぷうまんぱん)
四字熟語 - 意味
物事がすべて順調に進行することのたとえ。
追い風を帆いっぱいに受けて、船が軽快に進む意から。
  ⇒詳しい内容はこちら

上意下達(じょういかたつ)
四字熟語 - 意味
上の者の意志や命令が下の者に伝わること。
  ⇒詳しい内容はこちら

証拠隠滅(しょうこいんめつ)
四字熟語 - 意味
事実・真実を明らかにするよりどころとなる物事をなくすこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

叙位叙勲(じょいじょくん)
四字熟語 - 意味
位階を授けることと、勲等を与え勲章を授けること。
また、位階や勲章を与えられること。
  ⇒詳しい内容はこちら

情状酌量(じょうじょうしゃくりょう)
四字熟語 - 意味
裁判官などが諸事情を考慮して、刑罰を軽くすること。
また、一般にも過失をとがめたり、懲罰したりするときに、
同情すべき点など諸事情を考慮することをいう。
  ⇒詳しい内容はこちら

焦心苦慮(しょうしんくりょ)
四字熟語 - 意味
心を痛めて、あれこれ思いをめぐらし悩むこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

饒舌多弁(じょうぜつたべん)
四字熟語 - 意味
口数が多くて、よくしゃべるさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

諸行無常(しょぎょうむじょう)
四字熟語 - 意味
この世の万物は常に変化して、ほんのしばらくも
留まるものはないこと。
人生の無常をいう仏教の根本的な考え。
  ⇒詳しい内容はこちら

初志貫徹(しょしかんてつう)
四字熟語 - 意味
初めに心に決めた志を最後まで貫き通すこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

支離滅裂(しりめつれつ)
四字熟語 - 意味
ばらばらでまとまりがなく、
筋道が立っていないさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

心願成就(しんがんじょうじゅ)
四字熟語 - 意味
神や仏などに心から祈っていると、願いはかなえられるということ。
  ⇒詳しい内容はこちら

心機一転(しんきいってん)
四字熟語 - 意味
ある動機をきっかけとして、すっかり気持ちがよい方向に変わること。
また、あることをきっかけに、すっかり気持ちや心をよいほうに入れかえること。
  ⇒詳しい内容はこちら

神色自若(しんしょくじじゃく)
四字熟語 - 意味
大事にあっても顔色一つ変えず、平然と落ち着いている様子。
物事に動揺しないさま。
  ⇒詳しい内容はこちら

心織筆耕(しんしょくひっこう)
四字熟語 - 意味
文筆で生計をたてること。
心の中で機はたを織り、筆によって
田を耕し生活する意から。
  ⇒詳しい内容はこちら

人心一新(じんしんいっしん)
四字熟語 - 意味
人々の心を全く新しくすること。
  ⇒詳しい内容はこちら

迅速果断(じんそくかだん)
四字熟語 - 意味
物事をすばやく決断し、実行すること。
思いきりがよく決行にすばやい。
  ⇒詳しい内容はこちら

陣頭指揮(じんとうしき)
四字熟語 - 意味
軍の先頭に立って指揮をとること。
転じて、人の先頭に立って導くこと。
  ⇒詳しい内容はこちら

深謀遠慮(しんぼうえんりょ)
四字熟語 - 意味
深く考えを巡らし、のちのちの遠い先のことまで見通した
周到綿密な計画を立てること。
  ⇒詳しい内容はこちら

森羅万象(しんらばんしょう)
四字熟語 - 意味
天地間に存在する、数限りないすべてのもの(万物)や事象。
  ⇒詳しい内容はこちら
スポンサーサイト

theme : 四字熟語
genre : 学問・文化・芸術

comment

Secret

プロフィール

ジュンジュン

Author:ジュンジュン
FC2ブログへようこそ!

ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank

フィードメーター - 四字熟語・格言を覚えよう

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
ブログ検索
ブログランキング参加中★
おすすめ書籍・辞典
カテゴリ
QRコード
QRコード
スポンサーリンク
RSSリンクの表示
スポンサードリンク
四字熟語 早見一覧
四字熟語早見一覧【あ】
四字熟語早見一覧【い】
四字熟語早見一覧【う】
四字熟語早見一覧【え】
四字熟語早見一覧【お】
四字熟語早見一覧【か】
四字熟語早見一覧【き】
四字熟語早見一覧【く】
四字熟語早見一覧【け】
四字熟語早見一覧【こ】
四字熟語早見一覧【さ】
四字熟語早見一覧【し】
四字熟語早見一覧【す】
四字熟語早見一覧【せ】
四字熟語早見一覧【そ】
四字熟語早見一覧【た】
四字熟語早見一覧【ち】
四字熟語早見一覧【つ】
四字熟語早見一覧【て】
四字熟語早見一覧【と】
四字熟語早見一覧【な】
四字熟語早見一覧【に】
四字熟語早見一覧【ぬ】
四字熟語早見一覧【ね】
四字熟語早見一覧【の】
四字熟語早見一覧【は】
四字熟語早見一覧【ひ】
四字熟語早見一覧【ふ】
四字熟語早見一覧【へ】
四字熟語早見一覧【ほ】
四字熟語早見一覧【ま】
四字熟語早見一覧【み】
四字熟語早見一覧【む】
四字熟語早見一覧【め】
四字熟語早見一覧【も】
四字熟語早見一覧【や】
四字熟語早見一覧【ゆ】
四字熟語早見一覧【よ】
四字熟語早見一覧【ら】
四字熟語早見一覧【り】
四字熟語早見一覧【る】
四字熟語早見一覧【れ】
四字熟語早見一覧【ろ】
四字熟語早見一覧【わ】
リンク
アクセスランキング
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FX比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。